スタンフォード大学を目指す

スタンフォード大学を目指す

人工知能研究者になるために、人工知能研究で世界を牽引するスタンフォード人工知能研究所があるスタンフォード大学のコンピュータサイエンス専攻の入学することが非常に重要です。

スタンフォード大学への進学では、下記の項目が要求されます。
・GPA requirements
・Testing requirements, including SAT and ACT requirements
・Application requirements

Application Requirementsでは、「Essay or Personal Statement」が必須ですが、当レッスンでの人工知能の学習内容によって「Essay or Personal Statement」を記述することが出来ます。

GPA 3.95以上、SAT 1480点以上あるいはACT 33点以上必要ですが、当レッスンでは、GPA・SAT or ACTで高成績を取れるように指導します。

TOEFL 100点以上 or IELTS 7.0以上必要です。

コンピュータサイエンス専攻では、AP(Advanced Placement)のMath & Computer Scienceが必須で、
AP Calculus AB
AP Calculus BC
AP Computer Science A
AP Computer Science Principles
AP Statistics
において、評価5で取得することが必要です。
当レッスンでは、AP(Advanced Placement)のMath & Computer Scienceのレッスンを行っており、評価5が取れるように指導します。

当レッスンでは、AP(Advanced Placement)のMathの
AP Calculus AB
AP Calculus BC
AP Statistics
に関して、大学の数学の「微分積分」と「線形代数」と「統計学」を基礎にして、これらに対して評価5を取得するように指導します。

テキストとして、Barron'sの
AP Calculus Premium
AP Statistics Premium
を使用しています。

また、AP(Advanced Placement)のComputer Scienceの
AP Computer Science A
AP Computer Science Principles
のために、プログラム言語Javaの徹底レッスンを行い、これらに対して評価5を取得するように指導します。

テキストとして、Barron'sの
AP Computer Science A
AP Computer Science Principles Premium
を使用しています。
 

当レッスンでは、Pythonを中心にプログラミングを教えてきましたので、Javaの理解もスムーズに移行することができます。
Javaの統合開発環境(IDE)として、Eclipseを使用しています。

その他の教科に関しては、各自高成績を取れるよう努力していただいています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
080-2134-2580
受付時間
年中無休